FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 オセロ単独で発行できれば最高なのですが、
採算が取れないというのであれば、
ほかのメガハウスのゲーム(たとえばルービックキューブ)と
あわせて発行してもらえないだろうか。

家庭用ゲーム機のゲーム雑誌が毎月のように
発売されているようにメガハウスのゲームを情報を集めて
新商品などと一緒に載せてもらう。
たとえば先ほどメガハウスのホームページに行ったところ
現在メガハウスはルービックキューブのアイデアを募集していて
「あなたのアイデアが新しいルービックシリーズに!」と
いうのが載っていました。僕もはじめて知りました。
オセラーの大半はメガハウスのホームページに
そう行ってないと思うので、知らないと思うのですが、
いいアイデアがあれば出したいと思いました。

ほかのオセロ商品でもたとえば
~盤が動けばゲームも動く~ オセロ・革命 と
いう商品が少し前に発売されましたね。これは僕は一度も
やったことないのですが、かなり面白そうだなと思っています。

そのほかにもホームページに面白いゲームがたくさんありました。

今回のブログシリーズはアイデアばかり先行しているようですが、
やはりできそうなことをやってオセロ人口が増えればと思っています。

そういえばメガハウスはバンダイナムコグループでしたね。
ということは・・・

(続く)
スポンサーサイト

【2012/07/27 00:00】 | 未分類 トラックバック(0) |
 ほかの雑誌に載せるのが難しいのであれば
メガハウスがオセロ雑誌を創刊してくれればという思いがあります。
毎月オセロ雑誌が発売されて書店に並んで買うというような
状況になればオセラーにとって夢のようですね。

表紙には、オセロ好きの有名人や3大大会の優勝者を飾り
次の一手 詰めオセロ
定石講座 大会情報
棋譜解説 オセロ4コマ漫画
ブロック長の一言 オセロ昔話
将棋ガール囲碁ガールに対抗してオセロガール

とかいろいろな企画があってというのが毎月、
毎月が無理でも2ヶ月か3ヶ月に一回でも発売されればと思います。

オセロには定石や手筋があることやオセロの本を売っていることを知らない
一般の人がたくさんいますからねえ。パズルコーナーの雑誌のところにでも
オセロ雑誌があれば一度買ってみようと思われないか。
なんとか採算が取れないものか、メガハウスに要望が出せないものか

しかし創刊には期待したいですね。

(続く)

【2012/07/26 12:30】 | オセロ トラックバック(0) |
詰めオセロをパズル好きの方に受け入れてももらえないのかなと
いうことを今回考案していきます。

このブログを書くのにあたって作品を作りました。

その前に、詰めオセロと区別することにするため、
オセロを打つことを打ちオセロとこのブログでは呼ぶことにします。
(将棋の場合、指し将棋と詰め将棋に分類しているため)
また終盤○○とかにすると打ちオセロの終盤練習のようですので、
空きマスが数箇所の場合は詰めオセロとこのブログでは呼ぶことにします。

まずは2箇所空きの作品です。

2箇所空き

パッと見連打が見えますが、A7に打つのが正解です。
B8からの連打は引き分けですね。連打しないのが正解なのが、
おーと感動するのか、あまりなにも感じないのかは
人それぞれだと思うのですが、こういった作品に興味を持ってくれる人が
多いのであれば、詰めオセロもパズルとして
認識されるのではないかなと思います。

次の作品は、白に打たさないで黒が全部打ってください

連打

6連打とか書くと打ちオセロのようになるので、
今回はちょっと書き方を考えてみました。

答えはA8B8H8H2H1B2ですね。
オセロをあまり知らない方だとまだ白が勝っているように思うかもしれません。

そして 3つ目の作品は、黒が勝っていますか?
それとも白が勝っていますか? 黒番です。

どっちが勝っている?

答えは白の勝ちです。パッと見ただけではすぐに答えがわからないですね。

まあもっといろいろなテーマも考えれると思うのですが、
こういった作品をパズル誌などでなんとか取り上げてもらえないだろうか、
取り上げてもらえれば、オセロの普及に大きく
つながるのではと思うのですが、もし作品を載せるような
ことができたとしてもオセロの場合将棋などと違って、
現在商標権を持っているメガハウスに
商標料を支払わないといけないのかな?そうなると
こういった雑誌に載せるのは難しいのかなと思うのですが。

(続く)

【2012/07/26 00:00】 | オセロ トラックバック(0) |
今日から詰めオセロについて書きます。

その前に僕のツイッターを見ている人なら
何回か見ていると思うのですが、
第1回ツイッター握り詰大会というのに参加していました。
握り詰とは無作為に選んだ駒だけを過不足なく使って
詰将棋を作ることです。不要な駒や余詰めをなくして作るのはなかなか難しいです。
僕も作品を出しまして16人中5位の成績でした。
興味のある方はぜひ作品を見てください。
http://nigiridume.web.fc2.com/

ちょっと前振りが長くなりましたが、
オセロは打たないけど詰めオセロだけするという人はほとんどいないと思います。
しかし、将棋は指さないけど詰め将棋はするという人が結構いるのです。
クロスワードとか数独とかお絵かきロジックなどと同じようにパズル感覚で
やっている人が結構います。また、詰将棋作家(本業ではない)といって
問題を定期的に作っている人も結構いますし、詰将棋専門の月刊誌もあります。

パズルで検索してWikipediaのページを見ると上記のパズルの他に
詰将棋や詰め碁やチェスプロブレムが
載っていますが、オセロは載ってないですね。

詰めオセロは、詰め将棋や詰め碁と違ってなぜ普及しないのか?
詰めオセロの数はあるけど、これはという作品を
集めたのを見たことがないのですが、打ちオセロ(対局)の終盤強化のためだけに
みんな詰めオセロをやって、詰めオセロ自体に興味がないのか?
詰めオセロもパズル性や芸術性を強化すれば、
パズルの月間誌などに詰めオセロの作品を載せることができて、
オセロの普及に大きくつながるのでは?と
今回上記の握り詰大会に参加してそう強く思いました。

(2に続く)

【2012/07/25 12:00】 | オセロ トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。